トリマーの資格を取るためのガイド

トリマーの試験概要

トリマーの資格は数種類ありますが、受験者も多くいるジャパンケネルクラブの試験についてご紹介します。

 

ジャパンケネルクラブのトリマー資格は、現在はC級・B級・A級・教士・師範の5種類が設けられています。

 

いずれの級も筆記と実技試験を行います。

 

自分の技術に自信があって、いきなり級を飛ばして受験したいという方もいるかもしれませんが、それぞれ受験資格があって、基本的には受験する級の下の級を取っていなければ受けられません。

 

専門学校などで受験しないで、独学で勉強しトリマーの資格試験を受ける場合は、B級はC級取ってから2年後、A級はB級取ってから3年後、教士はA級取ってから5年後となっています。

 

ですから、絶対にC級から順番に受験をしなければいけません。

 

筆記試験は50分間で行い、70点以上が合格ラインです。

 

実技試験としては2時間の制限時間の内にモデル犬のカットをして、筆記試験と同じで70点以上が合格ラインとなっています。

 

しかし、ジャパンケネルクラブ認定の専門学校等に通っている方は学校で試験を実施しますが、筆記試験は免除となっています。

 

受験料はどの試験も5000円です。

 

トリマー資格の試験は全国を14のブロックに区別しているので、貴方の自宅の近くで受けることができます。

 

一般の方の為の試験は年に1回実施され、日時はジャパンケネルクラブ発行の会報誌に載っています。

 

全ての級全体の合格率は9割と高いので、きちんと試験対策を行い試験に挑めばパスできる可能性はかなりあります。

 

トリマーの試験概要関連エントリー


トリマーの資格についてご紹介します。

Copyright (C) 2010 トリマーの資格を取るためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

トリマーの試験概要