トリマーの資格を取るためのガイド

トリマーの仕事内容

近ごろのトリマーの仕事内容は、広範囲になってきています。

 

基本的なトリマーの仕事は、ペット等のシャンプー、ブラッシング、トリミングなどです。

 

相手が動物なので重労働でもないし、それほど大変な仕事である気がしませんが、実際トリマーの資格を取得して働いている方に話を伺うと、かなり大変なお仕事のようです。

 

動物は人間の様に、言葉を用いて意思疎通ができませんし、飼い主じゃない人がお世話をすることもあり、動物が暴れてケアしている時に噛まれたという方もいくらでもいます。

 

お世話する動物は小型の動物だけではありません。

 

時には、かなり大きな動物をお手入れする機会もあります。

 

そんな時は、抱きかかえるようにして動物を移動させることもありますので、体に負担がかかる場合もあります。

 

ですからトリマーの資格を取得して働くのは、結局動物と触れ合うのが好きで、仕事が好きであるという方でないとこなすのはかなり難しいお仕事かもしれません。

 

大変なことばかりでトリマーの資格を取得するのを躊躇ってしまう方もいるかもしれませんが、大変なことよりももっと喜びの方が多くある仕事でもあります。

 

飼い主の方に喜んでもらえるだけではなく、動物が自分のケアでうっとりしている時や、きれいで可愛くなって帰って行くのを見た時には、すごく満足感が感じられる仕事です。

 

また、ペットのお手入れをするだけではなく、ペットショップなどの掃除やグルーミング以外の動物のお世話をするのも大事な仕事です。

 

そして、トリマーの試験勉強の時にはしなかった事務の仕事など店舗管理・運営などもお願いされることもあります。

トリマーの仕事内容関連エントリー


トリマーの資格についてご紹介します。

Copyright (C) 2010 トリマーの資格を取るためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

トリマーの仕事内容